ハードディスクのデータ復旧はプロ集団に依頼~サルベージ計画始動~

パソコン

高度な技術者に依頼

何らかの障害は生じデータが破損してしまい、大切なデータが取り出せなくなってしまうこともあるでしょう。その際には、復旧作業の成功率が高い信頼できる業者や専門家に依頼しましょう。

Read More

データ復旧依頼方法

データ復旧を業者に依頼する場合、店頭に持ち込む方法だけでなく宅配便を利用することもできます。問題のあるメディアを渡すと診断結果が来るため、結果を見てから仕事を依頼するという形になります。

Read More

依頼のしやすさがウリ

パソコンの不調を始め、データがクラッシュしてしまう原因は多数あります。保存されていたデータを安全に取り出すため、適切なサポートやアドバイスをしている業界トップの企業が注目を浴びています。

Read More

クラウドバックアップ

パソコンの大切なデータは衝撃を与えることで消えてしまうことがあります。ハードディスクのデータ復旧を依頼すればアッと言う間に直ります。

重要なデータは一つの媒体にだけ保存しておくのではなく、別の媒体にバックアップしておくことが重要です。その際、出来ればメインの保存場所とはまったく別の場所にバックアップを作っておくべきです。なぜかというと、その方が災害時にデータが残りやすいからです。 では、外部にデータを預ける場合はどういったサービスを使えばいいのかということですが、サーバー会社が運用している専用サーバーに預ける、あるいはITサービス企業などが運用しているオンラインストレージに預けるというのが一般的です。 最近はどちらもクラウド化が進んでいて、ファイル領域の上限を後で変更するといったことが可能になってより使いやすくなっています。料金は保存領域1MB辺りでいくらという風に容量で決まる場合と、転送量1MB辺りでいくらという風にクラウドサーバーとの通信量で決まる場合などがあります。

バックアップに使う媒体は、過去から現在でかなり変わってきています。たとえば、最初はフロッピーディスクやテープなどが利用されていました。フロッピーディスクは保存容量が1MB程度しかありませんが、昔は保存するデータがテキストデータのみだったのでこれぐらいで間に合っていたのです。 その後、ディスクに焼くという形になり、外付けハードディスクの価格が下がってからはそちらになり、そして現在、企業が運営するクラウドサーバーの大容量化が進み、価格が下がったので、クラウドを利用してバックアップをするというのが主流になってきています。また、クラウド内やhddのデータを守る為にデータ復旧のサービスも需要があります。クラウドサーバーで利用されているハードディスクは年を追うごとに1MB辺りの価格が下がっているので、今後も大容量化が進んでいくでしょう。

ハードウェアの導入が不必要です!クラウドのバックアップ会社に任せれば、ドラック&ドロップでデータを復元させることができます。

5000円からデータ復元を行なっています。さらに、欲しいデータが復旧できれば、その他の代金を支払う必要もありません。