ハードディスクのデータ復旧はプロ集団に依頼~サルベージ計画始動~

HDD

高度な技術者に依頼

仮想サーバー復旧などの高度な技術を持つ会社が生き残る

今やパソコンは様々な場面に欠かせない機器であり、それだけにそのストレージのデータの復旧ができる会社も重宝されています。特に法人需要が高いraidやネットワークストレージに関してはシェアの奪い合いも激しい傾向があります。このような現状で、今後生き残っているデータ復旧会社は、高度な技術を持つ会社であるとの認識が業界人にはあります。 その理由としてデータ復旧事業は、そのデータサルベージの成功率が業者によって大きく違うためです。そのため優秀な技術を持つ会社はデータ復旧の成功率や、取引実績を積極的に公開して、それが更なる需要を生んでいます。 データ復旧会社はこのように、高い技術力を持つ会社が非常に有利であり、今後も仮想サーバー復旧やraidの取り扱いなどができる高度な技術の会社が生き残ると見られています。

raidのデータ再構築のためにリビルドに気をつける

複数のハードディスクを組み合わせて1つのドライブのように扱うraidはビジネスシーンのように高い信頼度を求める場においてよく活用されており、それだけにその破損は会社にとっても大きな損失と成りかねません。その際にはraidの再構築などを行って、問題を解決しようとする技術者がいますが、特定の行為は逆にデータの復旧率を下げることになるため、注意が必要です。 例えばその1つがリビルドを行ってしまうことです。リビルドはハードディスク内のデータを再構築する作業であり、raidにおける障害対策としてポピュラーな手段です。 しかし実際にはリスキーな行為であり、リビルドによって逆に状況が悪化するケースもよくあるので、リビルドは控えてデータ復旧会社などの専門家に任せるのが推奨されます。